« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月

2009年8月28日 (金)

ミサイル模型マニアもモデルロケットを組み立てる

Img_0627_2
ミサイルマニアという人たちもいます、世界のミサイルの写真、図面、ミサイル発射ビデオ、ミサイルのプラモデル、などをコレクターしている人は世界中にいます、ミニタリーマニアには、ミサイルは戦闘機や、艦船の搭載兵器の一つしか扱いませんが、ミサイルマニアは、軍事機密のため、写真や仕様が公開されず、マニア同士のお宝となっています、特にロシア製ミサイルはキャニスターに入っているので外形がわからず、興味が引かれる原因です、ミサイルマニア達は、プラモデルの世界では、V-2、パトリオット、ガイドライン、スカッド、程度しかなく、あっても、すごく小さいので不満です、モデルロケットのミサイルは飛行ができ、サイズも大きく、ペーパークラフトのミサイルより、質感があり、組み立て時間がかからず、人気があります、アメリカにはランチパッド社というミサイルのモデルロケットキット専門の製造会社もあります、写真は左からスカッドA8-3エンジンで飛行する自作品、
パトリオットB6-4エンジンで飛行するエステス社のキット、V-2、A8-3、B6-4エンジンで飛行する自作品、トーポリICBM、A8-3エンジンで飛行する自作品,。市販のミサイルのモデルロケットには、サイドワインダー、パトリオット、アムラーム、ブルパップ12D、マベリック、オネストジョン、V-2、フェ二クス、などが国内通信販売店で購入でき、A、B、C、Dエンジンで飛行できます

| | コメント (0)

2009年8月25日 (火)

実物のミニチュア模型ロケットが空をとぶ

Img_0548
実物のミニチュアサイズの模型ロケットが発射台から離陸して上空で、補助ロケットブースターや1段目ロケットを切り離して上空でミニチュアサイズの衛星を放出すると、観客から拍手喝采です、
世界のモデルロケットメーカーから、たくさんの歴史上活躍した、宇宙ロケットやミサイルのモデルロケット組み立てキットが、国内モデルロケット通信販売店や個人輸入で買えます、しかし、価格が高かったり、日本で手に入らないモデルロケットエンジンで飛行するキットだったり。2mもあるサターン5のモデルロケットキットだったりします、日本のカッパー7型、カッパー9、観測ロケットのキットはありますがH-2やH-2Aはありません、日本のモデルロケット愛好家達は、日本の宇宙開発で活躍した、ペンシル、ベビー、カッパーラムダ、ミユー、H-1、H-2、H2Aまで自分で部品から手作りして、競技会やイベントで、打ち上げを披露します、発射台やガントリー(整備塔)まで再現するマニアもいます、中には、紙でできているとは思えない細部まで精密に再現した宇宙ロケットもあります、鉄道マニアのジオラマように、宇宙基地をジオラマ風に、再現したアリアン4ロケットのギアナ宇宙センターを見たときは、すごいと思いました、やはり多くのスケールモデルロケットや模型ロケットを自分の目で見て確かめることが創作意欲につながると思いました、鉄道マニアの製作した昭和時代にタイムスリップしたと思うようなジオラマ作品を見るとこれの、種子島宇宙センター、又は、内之浦宇宙センターのジオラマが、欲しくなります、できれば展示館にあるような電動で、発射台が移動して、整備塔が開き、音声カウントダウンが始まり、煙が出て離陸するのガ欲しいが、お金と置く場所、製作意欲に・・・・・。
ちなみに日本のモデルロケット愛好家達が、よく製作するスケールモデルロケットの人気度、個人的主観)
1.H-2ロケット
2.ミュー3S-2
3.ボストーク
4.サターン5
5.V-2(A-4)
6.H-2A
7、カッパー
8ペンシル
9、サターン1B
10マーキュリーレッドストーン
11マーキュリーアトラス
8番外 、長征、タイタン、プロトン、桜花、X-15、S520観測ロケット、アリアン5、H-1、スペースシップワン、サイドワインダー、アムラーム、SS27トーポリ、スカッド、ホーク、・・・・以下省略

| | コメント (0)

2009年8月21日 (金)

アメリカ、製の固体燃料で飛行するサターン5ロケットの模型です

Img_0630
P1010164



コネタマ参加中: ちょっと高かったけど、買って良かったモノは?


固体燃料で飛行するモデルロケットには本物のミニチュアサイズの模型ロケットがアメリカ製品で輸入販売しています、その中で人気が高いのは全長が111センチもある巨大なサターン5ロケットのモデルロケットです、ビックで本物そっくりで、打ち上げ時には煙と火を噴いておおよそ60mくらいの高度でパラシュートが開いてゆっくり地上へ戻ります、模型用固体燃料ロケットエンジンを交換すると、何回でも打ち上げができます、購入した当時は1ドルが200円くらいしたときで、モデルロケットの商品としては最も高い2万円を支払いました、モデルロケットは日本製はないのであきらめて買いました、そのあとはネット通信販売で、個人輸入で安く購入することガできましたが、失敗もあります、アメリカのモデルロケットの雑誌デ見たカッコいい発射台を注文したら、船便で1年くらい立って空自宅へ届きました、見てビックリ、巨大で重すぎて、鉄の塊、、マッチョなアメリカ人なら軽くもてますが、これは、一度も使われずに、倉庫に眠っています、写真はペーパークラフトの技術の応用してケント紙で作った1/151のサターン5ロケットです、B6-4エンジンで飛行して45cm径パラシュートで飛行する重さ85gの狭い場所で打ち上げる為につくりました。アポロ宇宙船とフィンだけバルサ材であとはすべてケント紙です写真は初心者向けオレンジ色のアルファースリーロケットと比べた2万円を支払ったエステス社の1/100のサターン5モデルロケット写真、全長が111センチもあるので、写真の枠に入りません、D12-3エンジンで何回も飛行したので一部破損しています

| | コメント (0)

2009年8月19日 (水)

初心者は市販の組み立てキットからチャレンジ

P1010162
ロケットというとロケット花火を連想される方がおおく、ロケットエンジンにタケひごの安定棒をつければまっすぐ飛行できると考えている人がほとんどです、しかし、モデルロケットエンジンはパワーも速度も違う別物で、おもちゃ花火扱いされても、その性能は1段式でも360M、2段式ですと500m以上飛行することが可能です、機体を設計、自作をされる方はそれなりの経験と技術が必要です、ない人は市販のキットを利用したほうがが無難です
市販のキットには、モデルロケット愛好家が好きなデザイン、性能、機能、をもった中から自由に選べますし、部品を作る手間、設計する手間、組み立てにかかる時間を大幅にキットは、減らします、ですから、市販のキットからチャレンジして経験をつんでから、より難しいキット、中型サイズ、大型サイズ、高高度用ロケットにチャレンジしてください
E2Xシリーズの組み立てキットは塗装はいらず、組み立ても1時間以内ででき、すぐに飛ばせる簡単なキットです、アルフアースリー、スカイライター、バンデッドが価格が2千円以下と安く組み立てが簡単なキットです,写真は市販のモデルロケットですエースモデルロケット通信販売店で購入できます

| | コメント (0)

2009年8月13日 (木)

モデルロケット打ち上げには気象観測の風速を計る

P1010079
モデルロケットや、実機のロケット打ち上げの基本は気象観測です、気象観測ロケットを飛ばす前に高層の大気の状態を調べる為にラジオゾンデという、観測データーを無線で地上へ送る気球を上げます、これで風速、風向、温度、湿度、気圧を調べます、モデルロケットでは打ち上げ場所の風速、風向を、ランチロッドの先につけたストリーマのたなびく様子で目安にして判断します、スポーツ用品店で、購入できるドワイやー風速計は3千円程度で買えます、ストローのなかに発泡スチロールの玉が入っており、切り口から入る風で、スチロールの玉が上下に浮かびあがった場所に風速が目盛ってあるという簡単な構造です、目盛りが校正できるなら自作は可能です
風速を正確に測ると着地点が想定できます、到達高度が100メートルで、降下速度3m/秒のパラシュートで、南から風速4m/秒のとき垂直に打ち上げたときの着地点を求めると
まずパラシュートが空中に滞空している時間を求めると 100メートル÷3m/秒で、約33秒
流される距離は4m/秒×33秒で132mとなり発射地点から北へ132mの場所へ着地すると予想できます
パラシュート、滞空競技や高度競技では上空の風や上昇気流を立体的に測定しなければなりません
そこで、電池式シャボン球自動放球装置が使われます、シャボン玉をたくさん発生させて風の向きが立体的にわかります、演出用の機材店や、自分で電池とモーター、ファン、液のたらいで自作する工作記事が紹介されていまス、写真は青色のピストル型高度測定器「アルチトラッカー」と透明プラスチック製のドワイヤー風速計

| | コメント (0)

2009年8月10日 (月)

モデルロケット風洞設備(ウインドトンネル)を自作する

Img_0625_2
ロケットだけでなく航空機の設計、研究には風洞設備が不可欠です、ライト兄弟は自転車屋をしていたので、当時ランプの生活でしたので、自分達で人力風洞設備を作り、交替でペダルをこいで、送風機のはねを回して主翼の揚力などを測定していました。モデルロケットという模型ロケットでも図のように、パイプで排気する、シロッコファン方式のターボ換気扇を解体屋から購入して、木板で囲んで電源コードをつないで、風の乱れを直すためにトイレットペーパーをいっぱい入れて整流板にして5千円の予算で手つくりしました、モーターは1馬力以上の高回転を選んでください、。使い方は、圧力中心の位置を知りたいときは、図のように重心に、、糸を結びストローを通します、そして風を当てます、またはカリパスではさんで風を当てます、位置をずらしていき、機体が斜めで止まった場所が圧力中心です、カルマン渦など機体にかかる空気の流れの乱れを観察したいときは、線香窓から火のついた線香を入れると煙が気流にしたがって流れます、観察窓は透明下敷きです、モチ網は、手を誤ってシロッコファン似触れないようにする安全対策です、この手つくり風洞設備は○○○○大學流体力学研究用に無料で寄贈しました
園芸店で落ち葉を吹き飛ばす電動ブロワーを利用して風洞設備を自作したモデルロケット研究高校生グループもいます、流体力学や、航空力学には必需品です

| | コメント (0)

2009年8月 7日 (金)

モデルロケット回収名人のウラワザ、テクニックその1

Img_0622
モデルロケットは使い捨てロケット花火やミサイルではありません、安全に回収してエンジンを交換して何回も飛行させるのです。そのため回収テクニックを紹介します、まず、打ち上げ場所のストリーマという吹流しを風でたなびかせ、風の吹いてくる方向と強さを調べます。風の強さの応じて回収装置を選びます、風が強ければストリーマ又は小さい面積のパラシュート、風が弱いときは面積の大きいパラシュートを選びます、ストリーマは太陽光をよく反射する、園芸店で買える、鳥害防止アルミ蒸着マイラーフィルムを幅30mm長さ2メートルにカットして作ります、これは重さがとても軽く、もしロケットが草地などや木陰に着地しても、長いストリーマが見えるのですぐに発見できます。又200m上空でも、ストリーマが太陽光を反射してキラキラ輝くので、ロケットの位置がすぐにわかります、重いロケットなら小さい面積のパラシュートとストリーマをつなげてパラストリーマにして打ち上げます
地上では風が弱く感じても上空では強い風が吹いています、なくしてもよい価格の安いロケットを最初に打ち上げて上空の風を強さを見ます
ロケットは曇りでも晴天でも遠くからはっきり見えるように、2色以上のツートンカラーに塗ります、色は黒と組み合わせて明るい色に塗るとよいです、図のように、色がつかないように、キットのビニール袋をかぶせて色が混ざらないようにマスキングテープをきつく巻いて、エンジンマウントチューブに丸めた新聞紙を差し込んで回転させながらプラモデル用などのラッカースプレーで塗ります
高い高度に打ち上げるときは、延時時間の長いエンジンを選んで充分に自然落下させると地上の近くでパラシュートが開いて、回収できます、たとえば、C6-7エンジンとC6-3エンジンでは延時時間に4秒の差がありますので
重力加速度計算式で、C6-7エンジンを選ぶと約78メートル、低い位置で、パラシュートが開いて、回収できます

アルミ蒸着マイラーフィルムストリーマは、エースモデルロケット通信販売店で500円で買えます

| | コメント (0)

2009年8月 5日 (水)

発射台も再現したミューロケットの打ち上げは、臨場感がアップ

Img_0621


Img_0621
モデルロケット競技会やイベントで人気が高いのは、歴史上、活躍した、実機のミニチュア模型ロケットの打ち上げです、サターン5、日本の誇るH-2A、ミュー5、ラムダ4Smミュー3S-2、ロシアのソユーズロケット、アメリカのシャトルです、、外国のモデルロケット愛好家達は日本のH-2AロケットはアメリカのGPS衛星打ち上げロケットソーデルタを技術導入して国産化率を高めた発展型ロケットだから、日本独自技術開発ロケットではないという理由で人気がありません、しかし、日本のロケットの父といわれる東大の糸川英夫教授と学生チームが国産自主技術で開発したすべて固体燃料のラムダロケット、ミューロケットは評価が高く、世界のモデルロケット愛好家達は、精密なミューロケットを製作して、競技会で好成績を残しています、写真は、ミュー発射機にセットしたミュー3Sロケットです、もちろんこのままで発射ボタンを押すと、火と煙を吐いて飛び、上空で、ミニチュア人工衛星を放出します、

発射台  木製、仰角、方角は自由に可変できます、3mmランチロッド内蔵、イグナイターへのの接続はICソケットを利用してアンビアンビカルコードに模してスケール感を損ねないようにしています高さ70cm

ミュー3Sモデルロケット

長さ60cm、直径41mm、重さ90g、45cm径パラシュートで回収、B6-4エンジン又はC6-3エンジンで飛行します、1/34のスケール、ノーズコーンとフィンはバルサ材、本体は紙、

モデルロケット展示会では、人気があります、打ち上げると迫力満点です。スケール発射台はラムダロケット用、H-2ロケット、仰角が電動モーターデコントロールできるスカッドミサイル用をつくりました。

点滅LEDをガントリーの点検灯としてつけたり、電動モーターで、仰角、方角をリモコンできると、臨場感が増しますが、残念ながら、今回はしていません、

| | コメント (0)

モデルロケット部品の加工技術

Img_0619
モデルロケットの部品はサランラップの巻き芯やトイレットペーパーの巻き芯で作れます
図のように、サランラップの巻き芯やトイレットペーパの巻き芯を、ナイフは固定して、巻き芯を回転しながら切ります、切断面をきれいに仕上げるために、机の上に紙ヤスリをテープで固定して回転させながらきれいにします
2本のボディーチューブをつなげるにはチューブカプラーという部品をサランラップの芯をカットして作ります、、ボディーチューブの中に入る大きさになるように輪の一部をカットして、ボンドで接合します。
バルサフィンは、2mm厚のバルサ板の木目とリーディングエッジ(前縁部分)と同じ方向になるように
切り出します、定規は金属製がよいです、丁寧に切り出します、切り出したフィンを流線型に丸く仕上げるために、紙やすりを巻きつけた消しゴムやかまぼこの板できれいに仕上げます、バルサ板は割れ易く、湿気で反り返るので必ず、下地仕上げ剤を塗ってください、又は、模型飛行機などの主翼に使う薄い和紙をボンドを塗って表面に貼ってください、フィンとボディーチューブ、ランチラグとボディーチューブは正確にボンドで接合して乾燥後、もう一度その上からボンドを多めに盛りつけてから指でならして、フィレットという肉盛り作業をしてください、こうすると。接合強度も強くなり、空気の流れがよくなり、到達高度が上がります
トイレットペーパーの芯同士つなげたり、、ノーズコーンの後ろにペイロード室を作りたいとき、図のように丸めて差し込んで、重なった部分に線を引いて、カットしてはみ出た部分を、内側にボンドで貼ればチューブカプラーガできます、底の部分はサイン色紙など厚紙を円を書いて切り抜き、孔を二箇所空けて、タコ糸を通して結んで、図のようにボンドで接合すれば、ペイロード室の差込部分が出来上がります

モデルロケット通信販売店では、ノーズコーン、ボディーチューブ、エンジンフック、ストリーマ、パラシュート、エンジン、イグナイター、発射台、電気点火装置など別売りしていますので、メールで問合せてください

| | コメント (0)

2009年8月 3日 (月)

モデルロケットエンジンは安全、安い、使い易い、高性能エンジン

Img_0617


モデルロケットエンジンは、モデルロケットエンジンメーカーが50年間研究してきたハイテクロケットエンジンです、Img_0617
メーカー製モデルロケットエンジンは安全性が関係省庁に認められ、関係法令に合致した、安全で、年齢制限もなく誰でも自由に購入ができる、模型用ロケットエンジンです、ただし、20g以下の少量黒色火薬を燃料にした模型用ロケットエンジンに限る、A、B、Cが該当します。Dクラスのエンジンの購入、消費には県知事の許可が要ります
●モデルロケットエンジンの形式
モデルロケットエンジンには、形式がアルファベットと数字で表示しています、
A8-3エンジンの場合。Aは、発生する推力と推力発生時間を合計した最大合計推進力をランク別であらわしていますAは2.5ニュートン秒までです、
8は平均推進力をニュートンであらわしています、固体燃料は発生する推力が一定にできない曲線を描くので、平均した推力をニュートンであらわしています、この数字が大きいほど重い機体を速く加速できます
-3は、推進薬が燃焼が終わってから、放出薬が作動するまでの時間をあらわしています、単位は秒

●モデルロケットエンジンの構造
イグナイターキャップ  イグナイターを固定する部品、エンジンの形式のよって、ノズル孔のサイズが違うので、、エンジンの形式に適合した色別プラグを使用してください、違うプラグで取り付けるとノズル孔が破損します
イグナイター、電気で推進薬に点火する、ニクロム線に少量の火薬を塗布した消耗部品、これで、点火者は5mはなれた安全なところから点火できます、漏洩電流でも誤動作しない設計
ノズル孔 少量の固体燃料でも、高推力を発生するように設計されています、穴のサイズは1/100mmでも違うと劇的に性能が変わる部分です、エンジンの燃焼が終わると、ノズル孔は大きく磨耗しています
粘土製ノズル、 耐熱性、対磨耗性に優れコストも安い粘土で成形された高性能ノズル、ここが最も、ロケットエンジンの性能の鍵を握る設計ポイントで。もし、設計値より高い圧力が加わるとこのノズルを吹き飛ばして圧力を下げる安全設計です
グレイン孔 この穴の形で推進薬の燃え方が変わり、推力曲線カーブが大きく変化します、孔が深いコアバーニング、孔が浅いエンドバーニングなど、種類があります、コンポジット燃料になると縦にスリットの孔になります
推進薬  爆発したり、一機に燃えないように、黒色火薬の配合が特殊で、油圧プレスを使って硬い塊に成形しているのでグレインと呼びます。着火温度は288度
延時薬 加速段階の推進薬が燃焼が終わり、推力は発生しないが、航跡煙を発生させて地上からロケットの位置が見えるようにして抗力と重力でロケットを十分減速させ放出薬をあらかじめ決められた時間、滑空させて放出薬を点火する時間調整燃料です
放出薬  パラシュートなど回収装置を熱い逆噴射ガスで射出させる燃料です
エンジンキャップ 充填されている火薬が空気中の湿気から守るキャップです
エンジンケース 断熱性、断熱性、耐磨耗性、コストに優れた丈夫な紙を何重にも巻いて推進薬の体積の500倍にも膨れる圧力に耐える設計になっています
安全設備の整った、認定工場で、プロの技術でプロの設計で、プロと同じ固体燃料で安全で、安く、簡単に操作できるモデルロケットエンジンの生産技術は、50年間研究開発され、世界25カ国以上に愛用されている工業規格品です
●スラストカーブ曲線
グラフは縦が発生する推力をニュートンであらわし、横が推力発生時間を秒であらわしています、、グラフの曲線の三角形部分が、鋭角なほど瞬発型、平らな台形を描くエンジンは、持続型のエンジンということです
少量の固体燃料で、一般の人が安全に安く音速を超えて、高度千mを越えて飛行できるのは、安価で安全な、
メーカー製高性能モデルロケットエンジンが市販されているから可能です
●モデルロケットエンジンは発生する推力のパワーランクで2.5ニュートン・秒クラスのA8-3エンジン、5ニュートン秒クラスのB6-4エンジン、ブースター用B6-0エンジン10ニュートン秒クラスのC6-3、エンジン、C6-5エンジン、C6-0、ブースターエンジン、C11-3、エンジン、C11-5エンジンは火薬量が20g以下ですので、誰でも自由に年齢制限なしでおもちゃ花火として購入できます
モデルロケットエンジンの購入は エースモデルロケット通信販売店で購入できます
●モデルロケットエンジンの性能はモデルロケットエンジン規格表、モデルロケット推力曲線で検索すると、種別ごとに、発生推力、最大推力、火薬量、最大荷重〔持ち上げることのできる重さ〕など、モデルロケットの設計や飛行に必要なデーターが公開されています、

| | コメント (0)

2009年8月 2日 (日)

モデルロケット相談室

Q、モデルロケットが風に流され、回収不能になりました、対策は
A、ストリーマに交換するかパラシュートの6本の糸を束ねてテープで止めて半開にする
Q、モデルロケットの打ち上げ場所が30m四方しかないが、
A、1/2A6-2エンジンにしてパラシュートを半開にすれば到達高度は35m程度で、回収が可能になります
Qモデルロケットはどこで買うのか
A、モデルロケット通信販売店のネット広告で購入できます
Q、ランチコントローラの電球が壊れました、どうしたら直りますか
A、モデルロケット販売店の交換用電球を購入するか、ラジオパーツ店で6ボルト300mAの同等品を購入する
Q、モデルロケットを打ち上げている人が近くにいない
A、自分がクラブの会長となり、仲間を募る
Q、モデルロケットの情報はどのようにして入手するのか
A、地方もモデルロケットクラブに聞くか、ネットで調べる、英文でも翻訳ソフトを使えばかなりの情報が入手できる
Q、学生で予算がないです、
A、モデルロケットで検索すれば、100円ショップなどで買えるもので代用できたり、家庭のごみが利用できる
Q、モデルロけット愛好家はどのくらいいるの、アメリカで約5万人、日本では、5千人から1万人くらいと推定される
Q、モデルロケットエンジンは、自作できますか
A、できません。安全のためにもしないで下さい、モデルロケットエンジンはプロの技術で、安全設備の整った工場で、豊富な実験データーで設計されたノズル、エンジンケース、固体燃料の製造技術で一般のモデルロケットエンジン消費者に、安全で、低価格、高性能、高品質のモデルロケットエンジンを提供しているのです、安全設備や施設のない、一般の人が、安全性が高く音速を越える、比推力の高い高性能固体燃料ロケットエンジンは作れません。
Q、モデルロケットエンジンは、一番大きいエンジンはどのくらいのサイズですか
A、P型ロケットモーターです、直径は98mmあります7万2千ニュートン・秒のパワーが出ます、日本には輸入できません
Q、モデルロケットは、スポーツや競技会以外の用途はありますか
A、映画でロケットやミサイルの打ち上げシーンで使われます、ロケットボーイを映画化したオクトバースカイ(邦画名「遠い空の向こうに」に出てくるロケットは、すべて安全な市販のモデルロケットエンジンで飛ばしています
Qモデルロケットの愛好家の年齢は、どの年代が多いですか
A、アポロ月面着陸のテレビ中継を見た年代が多いです、幼稚園児から、60歳を超えた、熟年層まで日本にはモデルロケット愛好家がいます
Qモデルロケットの最高高度と最高速度の記録は
A2004年アメリカのブラックロックの砂漠で、モデルロケットの愛好家チームが製作、打ち上げた、「GO FAST号は、マッハ5で高度100kmを越え、宇宙空間の到達しました
Qスケールモデルロケットで、日本で人気のあるロケットの名前を教えてください
A、サターン5、ソユーズ、ボストーク、マーキュリーアトラス、マーキュリーレッドストーン、タイタン3E、サターン1B、
日本のカッパー9M、ペンシル、ラムダ4S、ミュー3s-2、ミュー5、H-2、H-2Aなどモデルロケット飛行大会で打ち上げられました。
Q昔、近くの模型店でモデルロケットは、売っていましたが今、なぜ売っていないのですか
A1990年9月から全国の模型店、おもちゃ店、でアメリカからの輸入品が一斉に販売されましたが、その輸入、販売していた、大手模型商社である、(株)イリサワと、(株)京商が、、利益率の少ないモデルロケットの販売を止めたからです、モデルロケットエンジンの消費者達はエンジンの確保に困り、そのあとを、規模の小さい輸入販売業者がネット通信販売で継続的に輸入、販売をすることになり、平成7年のモデルロケットに関する規制緩和の有り、インターネットの普及とともに店舗販売は減り、ネット通信販売が主流となっています

| | コメント (0)

モデルロケット通信販売の利用の仕方

Img_0616
モデルロケットを生まれた初めて、組み立て、打ち上げがしたいなら、モデルロケット通信販売店でロケット、発射台、電気点火装置、リカバリーワディング(パラシュート保護紙)、3回分、A8-3型モデルロケットエンジン3本と点火用イグナイターがセットになった{アルファースリースターターセット」を購入するのが一番、早道です

ネットで「モデルロケット通信販売店」で検索すると、日本国内のモデルロケット販売店のカタログが見れます、

モデルロケットキット、及びモデルロケットエンジン、イグナイターなどすべてアメリカからの輸入品ですので、モデルロケット販売店によって、価格も送料も違いますし、同じスターターセットでも、エンジンが別売りで付属していないセットもあります、日本語の説明書がついていない商品もあります、モデルロケット資格申請するときに必要な丸い認定シールが貼っていないモデルロケットエンジンは、おおむね価格が安いです、輸入品ですので、ドルと円の交換レートが大幅に変わると価格が変更になることがあります

モデルロケット販売店にメールで問い合わせるときは、商品名、地区によって送料が異なるので、住んでいる県を知らせる、離島の場合、割増料金になるところもあります、商品価格、日本語説明書の有無です。

いきなり、高度の製作技術がいる2段式モデルロケットや、組み立て難易度の高いスキルレベルのランクの高い、モデルロケットキットは、スターターセットで、数回打ち上げを経験してから、チャレンジしてください

スターターセットの付属のアルファースリーモデルロケットでA8-3エンジンで高度80m程度の打ち上げ、回収に成功したら、パワーが大きくて到達高度が約2倍になるB6-4エンジンにチャレンジしたり、狭い場所でも回収できるストリーマーに交換して打ち上げてください、それから、少し大きめのモデルロケット、スケールモデルロケット、グライダーつきモデルロケットなどチャレンジしてください
●モデルロケットを組み立てるときに必要な工具と別に用意するもの
はさみ.・・・紙やビニールの袋を切ります
ナイフ・・・模型用の小型のカッターナイフ、なるべく刃が小さいほうが使い易いです
サンドペーパー・・・・400番から600番の目の細かさ、部品を削るときに使います
木工ボンド・・・・・速乾性の白い木工ボンド(工作用)又は、G-クリヤー合成ゴム系ボンド、いずれも乾くと透明色になる
鉛筆・・・・・・所定の長さに印をつける、B、HBなど
定規・・・30cmの長さの定規、短くてもよい
●別に用意するもの
点火用単3アルカリ乾電池4本・・・4本とも新品で必ずアルカリ乾電池にしてください、価格の安いマンガン乾電池では容量不足で使えません
、初心者向けのキットは塗装が不要で、装飾用デカールという、裏にのりがついた、フィルムを貼ります。しかし、経験者向けの組み立てキットには、バルサ材という軽い木材がフィンに使用していますので。そのままですと、湿度で変形したり、反ったり、割れたり、塗装がきれいに塗れません、模型店やDIY店で下地塗り剤のハケ塗り用のサンディングシーラー、又は缶入りスプレーのサーフェイサーを吹くつけて、バルサ材の表面の凸凹を埋めて、木目を消します、乾燥後紙やすりできれいに磨いてからプラモデル用の缶入りカラースプレーでなるべく目立つ色に塗ります、
......................................................................................................................................................................................................
エース・モデルロケット通信販売店 モデルロケットエンジン、キット、コントローラ、、発射台、パーツなど販売店

| | コメント (0)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »