« サターン5のモデルロケットを打ち上げる | トップページ | モデルロケットリカバリーワディングの使い方 »

2009年11月18日 (水)

二段式マルチステージモデルロケットは400メートル以上飛ぶ

Img_0491_2

モデルロケット通信販売店では、エコースター、マングースなど2段式モデルロケットを販売しています、これは図のように、、2段目ロケットエンジンを専用のB6-0ブースターエンジン、又はC6-0ブースターエンジンで、点火します、ブースターエンジンとは、直接つながれた、2段目エンジンを点火できるようになったエンジンで、ブースターエンジンが燃焼を終了すると、その高温ガスが2段目のノズルを穴を通して、入り込み、2段目エンジンを点火します、2段式モデルロケットを打ち上げるときは、下記条件であれば許可入らずに打ち上げれます
①予想到達高度のおおむね1/3以上の広さを最低確保すること、到達高度が300mなら100m四方以上の広さ
②ロケットに搭載する火薬量が20g以下になるようにすること、B6-0エンジン6.5g+A8-3エンジン5.6gで合計12.1gで、20g以下とすること、エンジンの総火薬量は、モデルロケットエンジン規格表で調べておくこと
③予想到達高度は、空港、空路から、9km以上はなれたところで、制限高度250mを超えないようにすること、250mを超えるときはあらかじめ空港の管制官にロケット飛行通知書(ノータム)を提出して許可をもらうこと、
④風の弱い、視界のよい日に打ち上げること、回収装置は、太陽光を反射するストリーマを使うこと、ストリーマは、モデルロケット販売店で購入できる
⑤モデルロケットエンジンの機体へのセットの仕方は、モデルロケット愛好家のブログ、参考資料でよく読み、確実に点火できるようにすること
⑥1段目の機体には回収装置がついていないので、モデルロケット愛好家のブログを見てストリーマ、又はパラシュートをつける用に改造して打ち上げてください、

|

« サターン5のモデルロケットを打ち上げる | トップページ | モデルロケットリカバリーワディングの使い方 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。