« V-2ロケット(Aー4)ミサイルの発射基地のジオラマを再現する | トップページ | エンジンのクラス別到達高度 »

2009年11月28日 (土)

スカッドミサイルをA8-3エンジンで飛ばす

Img_0626_2
ソ連でV-2ミサイルを元に改良した地対地ミサイルスカッドは多くの派生型が製造されました、これを30mm径の長さ300mmのアルミホイルの巻き芯をボディーチューブとしてノーズコンはケント紙を丸めて、油粘土を錘としてラップに包んでノーズコーンとしてフィンは1mm厚の厚紙であるサイン色紙で作りストローのランチラグ、ヘアーピンのエンジンフックでレジ袋のストリーマで100円程度で自作したスカッドミサイルです、このスカッドミサイルを電動モーターでランチャーレールを持ち上げ、リモコンでA8-3エンジンに点火して実際に発射できる移動車両をタミヤ製、フォークリフトのリフト機構を使い、タミヤ製有線リモコンキットを利用して自作して、モデルロケット競技会でうちあげました、

|

« V-2ロケット(Aー4)ミサイルの発射基地のジオラマを再現する | トップページ | エンジンのクラス別到達高度 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。