« モデルロケットのボディーチューブの長さとフィンの面積 | トップページ | エステス社のモデルロケットエンジン性能規格表 »

2009年11月25日 (水)

モデルロケット回収テクニック

Img_0622
モデルロケットは、草地に着地すると発見が難しくなります、そのときは2メートルくらいの長いストリーマをつけると機体は見えないが、長いストリーマが、見えて発見できます、鳥害防止のアルミ蒸着マイラーフィルムを園芸店で購入してストリーマにすると、高高度に到達したロケットの機体は見えないが、ストリーマが太陽光を反射してキラキラと輝いて発見できます、発射台の先端にストリーマをつけて風でたなびく様子から風の強さ、風向きを測定します、ストリーマが水平近くなるまでたなびくようなら打ち上げを中止して風が弱くなるまで待ちます、ストリーマが水平位置から45度くらい下方にたなびくようならパラシュートの6本の糸を半分くらいの長さで束ねてテープで止めて半開になるようにして打ち上げて風に流されないようにします、また、高高度の達するロケットならさらにパラシュートのキャノピーの中心に50mm径の円形の穴をあけて(スピルホール)という風穴を開けて空気を逃がして降下速度を速くして風に流されにくくします、60g以下の軽量な機体なら、ストリーマに交換します

|

« モデルロケットのボディーチューブの長さとフィンの面積 | トップページ | エステス社のモデルロケットエンジン性能規格表 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。