« 2段式モデルロケットの打ち上げ方 | トップページ | フィンレスモデルロケットの自作の仕方 »

2009年11月25日 (水)

モデルロケットストリーマは回収率アップ

Img_0200_2
モデルロケットは垂直に打ち上げても、風の吹いてくる方向へ進む癖があります、これをウインドコック、風見効果といい、外国の屋根の上に鶏の形をした風見鶏と同じです。上空でパラシュートが開くと、風で、流され、発射台から遠く離れたところへ着地します、これを防ぐにはシュワウドラインおいう6本の糸を束ねて、小さくパラシュートが開くようにしたり、ストリーマに交換して打ち上げれば、発射台の近くへ着地できます
ストリーマは抵抗帯とも呼び、長方形の形をした吹流しの回収装置です、モデルロケット販売店で500円から、いろいろな種類、サイズが市販されています、また、モデルロケットストリーマで検索すると、レジ袋で自作する方法が紹介されています、パラシュートの開き具合をワンタッチで調整できる降下速度可変パラシュートが、エースモデルロケット販売店で購入できます

|

« 2段式モデルロケットの打ち上げ方 | トップページ | フィンレスモデルロケットの自作の仕方 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。