« モデルロケットの情報サイト | トップページ | 市販のモデルロケットキットを組み立てるコツ »

2010年3月29日 (月)

モデルロケットキットの組み立てのコツ

必要な工具をそろえる
はさみ、鉛筆、定規、小型カッターナイフ、消しゴム、接着剤、〔速乾Gクリヤー〕、漫画の本か電話帳、サランラップ、洗濯ばさみ、マスキングテープ、自分で好きな色に塗りたい人は新聞紙、ダンボール箱、缶スプレー紙やすり
●組みたて説明書を最後までよく読む、
使う工具はイラストで示されている
必ずボンドをつける前に仮組みをして、ぴったりはまるか確認する、もしあわないときは紙やすりで少し削る、
順序どうり組み立てる、十分にボンドが乾燥してから次ぎの作業へ進む
わからない漢字、意味のわからないときは大人に聞くかネットで調べる
Img_0447


漫画の本は、ボディーチューブのフィンをつけた時、机の角に置きボディーチューブを漫画の本で押さえて乾くまで待つ、
サランラップは木工ボンドをつけたくない場所に置いたり、2色以上に塗り分けるとき、塗料がつかないようにフィン屋ノーズコーンを覆いマスキングテープでしっかりと止める
洗濯バサミはボンドが乾くまで仮止めに使う
缶スプレーで塗装するときは新聞紙を丸めてエンジンマウントチューブに差し込んで、ダンボールの箱の中で手で回しながら缶スプレーを30cm以上はなれたところからムラなく吹き付けます

|

« モデルロケットの情報サイト | トップページ | 市販のモデルロケットキットを組み立てるコツ »

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。