« 2段式モデルロケットのブースタにストリーマをつける改造 | トップページ | アルファーⅢモデルロケットの修理 »

2012年7月19日 (木)

夏休みに家庭ゴミでつくるモデルロケット、発射台、電気点火装置

Img_1145_2


、13mm径のミニサイズエンジンだけを購入してあとはすべて家庭ゴミからつくります

新品の単3アルカリ乾電池を4本直列に並べて,紙で丸めて一体化して、6ボルトの電池にします

かまぼこの板を2枚ボンドで接合します、、図のようにツナのかんずめなどの金属の蓋で、押しボタンスイッチと電球ソケットを自作します
かんずめの蓋を細長くペンチで切ります、電球の穴は釘で穴を開けてドライバーで広げます、
電球は、電池が4本仕様のポータブルライトの4.8ボルト0.3アンペアのクリプトン電球です、ダ●ソーで購入

ロケットは13mm径のエンジンを芯にしてケント紙を丸めてボンドを付けます、なかに両橋にノートの端切れをつけた3mm幅の平ゴムひも200mmでショックコードにして新聞紙ヲ幅10mm長さ300mmニ海苔巻きのように巻いてピストンを作ります、緑色のストリーマはレジ袋を幅30mm、長さ300mmで作りボンドでゴムひもに付けます

先端はマーカーペンのキャップのペン差しの部分を削ります

発射台は、クリーニング店でもらえるワイヤーハンガーを広げて伸ばして、まっすぐになるいい部分だけカットして

利用します
かんずめの底に穴を開けて、ボールペンの軸を40mmカットして差し込みます、穴が空いた30センチ四方の板に差し込んで出来上がり、傾けるときは下に小石を挟みます

点火コードは5m以上必要です、ダ●ソー、で買った、小形ワニグチクリップの図のように電気コードヲ挟みます

|

« 2段式モデルロケットのブースタにストリーマをつける改造 | トップページ | アルファーⅢモデルロケットの修理 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。