« アルファーⅢモデルロケットの修理 | トップページ

2013年3月 9日 (土)

A8ー3エンジン、2本で飛行するクラスターモデルロケット自作例

Img_1147


台所で使うキッチンペーパの巻き芯,直径40mm、長さ230mmをサランラップの巻き芯のチューブカプラーで接合する、2mm厚のバルサ板の4枚フィンで飛行します、上空ではノーズコーンの前部、フィンガ付いた後部に分離してそれぞれ30cm径のパラシュートで回収します

エンジンはマスキングテープを巻いて、その摩擦で固定します

アルファーⅢスタータセット付属のコントローラ電気点火装置では容量不足で、イグナイタ2本同時点火できません
別売りEランチコントローラを使うか、点火コードを太くて電気抵抗が少ない電線に交換して、電流容量が大きいニカド充電電池を使用します

部品

Aノーズコーン先端部 ケント紙を扇状に切り抜いてつくり、なかにサランラップで包んだ油ねんどを重りをしていれます
B、ノーズコーン ヤクルトジョア乳酸飲料の容器

C、ボディーチューブ 直経40mm,長さ230mmの台所用キッチンペーパの巻き芯、トイレットペーパの巻き芯を2本つないでもよい
D、チューブカプラー、 サランラップの巻き芯を長さ60mmで輪切りして輪の一部をカットしてボディーチューブに入るサイズにする
E、底板       チューブカプラーに入る様に寄せ書きの色紙にコンパスで円形を書いて切り抜く,穴を2つ開ける
F、取り付けヒモ   タコ糸を50mmに切る
G、シュワウドライン  タコ糸、または水引糸を600mmの長さで3本つくる
H、パラシュート、キャノピー ビニールゴミ袋を直径300mmの正六角形で切り抜いて、角にはコクヨ製穴パッチシールを補強シールとして貼る
I、ランチラグ  ジュースのストローを長さ500mmでカットする
J、ボディーチューブ、 Cと同じキッチンペーパの巻き芯
K、バルサ板のフィン 2mm厚のバルサ板を図のように木目方向に注意して切り出す、寄せ書き色紙を切り抜いても良い
L、M、センターリング 図のように寄せ書き色紙に円を書いて模型用ナイフで切り抜く、紙やすりで綺麗に仕上げる
N、エンジンマウントチューブ, 70mm四方のケント紙にエンジンを芯にして巻いて糊代にボンドを付けて丸めて、ボンドが乾いたら、エンジンを抜く

打ち上げ前に重心に2メートルの紐を結び頭上で回して安定飛行するか確認するスイングテストをして、重りの粘土を調節して安定飛行するまで重心調整してください

ボンドは熱に弱い木工ボンドでなく、熱に強いエポキシボンド、またはGクリアー合成ゴム系ボンドで接着してください

イグナイターは並列つなぎをしてください

|

« アルファーⅢモデルロケットの修理 | トップページ

趣味」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。